JAKATA 9th Anniversary -SLIP OUT-

※本イベントの会場はdazzbarではなく、JAKATAとなります。お気をつけください。

 

お得な事前予約はこちら→ goo.gl/GYZJSD

DATE
2017.12.23.Sat
OPEN
23:00
CHARGE
ADV:3,000yen DOOR:4,000yen
GUEST DJ
TAKKYU ISHINO
DJ TASAKA
LIVE
A.Mochi (Figure)
DJ
[Synchro Lounge]
DJ's :
AONO (Whole The Whole)
NAITO (VIBES)
GURI (Shade)
HIROKI (SIESTA/BIO SOUND)
VITAMIN(TECHNO PRIMAL)
KUME (Resonation)
LIVE : HIDE YOSHINO
VJ
Chun
OTHER
PHOTO :
RAW snap
石野卓球
1989年にピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成。1995年には初のソロアルバム『DOVE LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル"Love Parade”のFinal Gatheringで150万人の前でプレイした。1999年から2013年までは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ"WIRE"を主宰し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介している。2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めたDisc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組『WIRE TRAX 1999-2012』をリリース。2015年12月には、New Orderのニュー・アルバム『Music Complete』からのシングルカット曲『Tutti Frutti』のリミックスを日本人で唯一担当した。そして2016年8月、前作から6年振りとなるソロアルバム『LUNATIQUE』、12月にはリミックスアルバム『EUQITANUL』をリリース。
2017年12月27日には、これまでのソロワークを8枚組にまとめた『Takkyu Ishino Works 1983~2017』、そして1年4カ月ぶりの最新ソロアルバム『ACID TEKNO DISKO BEATz』を同時にリリース。
現在、DJ/プロデューサー、リミキサーとして多彩な活動をおこなっている。
DJ TASAKA
1974年、東京都生まれ。中学生の頃にヒップホップに出会い、ターンテーブルとミキサーを手に入れる。18歳になってから本格的にクラブでのDJをはじめ、その頃ダンスミュージックとしてのテクノに多大な影響を受ける。2001年にDJ MIX CD『LOOPA MIX mixed by DJ TASAKA』をリリース。同年、ドイツ屋内レイヴ“MAYDAY”に出演。2002年にはファーストアルバム『PASSPORT FOR DISCO』をリリース。その他に数々のリミックスとプロデュースを手掛けるなど幅広く活躍。2005年夏には、全て自身のオリジナルトラックを使ってLIVE MIXしたアルバム『GO DJ』をリリース。2006年にはアルファとのユニット“アルファ&DJ TASAKA”のアルバム『ホットカプセル』や、KAGAMIとのユニット “DISCO TWINS”のアルバム『TWINS DISCO』をリリース。2009年7月には4年振りのソロアルバム『Soul Clap』をリリース。WIRE10やSUMMER SONIC、RISING SUN ROCK FESTIVALなどでLIVEセットを披露した。2010年にはドイツのMuller Recordsからもヨーロッパ盤『Soul Clap』がリリース。2011年には変名でドイツのKICKBOXERよりリリースしたniconeとの共作が話題に。2012年にはベルリンのmoensterboxより新作がリリースされた。2013年にはSUGIURUMNが立ち上げたBASSWORKS RECORDINGSよりEPを2タイトルリリース。
A.MOCHI
東京を拠点に活動するテクノ・プロデューサー。 そしてLen FakiのレーベルFigureの中心アーティストの一人として多数の作品をリリースしている。 Luke SlaterのMote-Evolverから12インチデビューし、Francois K.のWaveTecなどからコンスタントにリリースを重ねる。2008年にLen FakiのレーベルFigureと契約しリリースされた多数のEPはいずれも話題となり、2010年にはファーストアルバム Primordial-SoupをFigureからリリースしている。 その楽曲はクラブミュージックで世界トップ・シェアを誇る BeatportのテクノシングルチャートTop10に5曲ランクインさせるなどその快進撃は続いている。 リミックス音源も多く、不朽のテクノ・クラシックDave ClarkeのWisdom To The Wise(Red2)/BoysNoizeのリミックスを手掛けた他、 Sven VathのCocoon、Christian Smithの Tronic、System7のA-Wave、DubfireのSCI+TECなどから彼のリミックスがリリースされており、オリジナルも含め20枚を超える12インチをリリースしている。 Chris LiebingのレーベルCLRのポッドキャストにミックスを提供するなど、ヨーロッパを中心に常に国内外からの高い注目を集めている。 石野卓球がオーガナイズするWIREや日本各地のクラブ、フェスティバルへの出演に加え、2010年にはベルリンのBerghainやフランス、スイス等へ初のヨーロッパツアーを行う。翌年以降もオランダのSolar Weekend FestivalやBerghainに2度目の出演をした他、ロサンゼルス、北京、台湾のアジアなど海外での活動も精力的に行っている。 その重量級テクノで、世界のシーンを揺さぶることができる日本人プロデューサー、A.Mochi。その名を覚えておいて、損はないだろう。